スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
もう九月
2006-09-03 Sun 02:42
ああ、あっという間に九月ですね。早い早い。


子たちの宿題は、なんとか無事終わり、ほっと一息。
それでも夏休み残り三日間は、大層スリリングな気分を満喫できましたよ(涙)
いっそ、「あぁもう、寄越しなさいっ、おかーさんが全部やるっ!」と言えたら、らくちんなんですが。
ヒトにやらせるのは、自分でやるよりずっと疲れます。
…原稿で徹夜してる方がラクだ…。
しかしま。自分でやんなきゃ意味がないので仕方ありません。



にしても。

しかし。最近の中学の宿題ってなんでやたらと、レポートとかポスターセッション用にポスターにまとめろとか、そんなんが多いんでしょうねえ。それ以外にも、連立方程式300問とか英語と国語のワークとか山のよう…。勘弁してほしいです…(涙)←ちなみに、ごくふつーの公立中学です。


  


そして。




もう夏休みも5日をきろうかというあたりで、まだ長女の自由研究レポートのテーマは決まらず。








いろいろ提案するも却下。
その時、ふと私の頭に閃いたのは…。








「ろーそく!」






「え?」









「融点の低いロウソクを作るため
には、何を混ぜればいいのか
とか、どう!!!?」






「…なんで、ろうそく?」
「いや、ローソクってなかなか奥が深いみたいよ! そもそも仏壇用のローソクってさぁ、プレイに使えないほど低温ってハナシだし!!」


「ぷれい?」



「ねぇ、これにしようよ!!! これなら、詳しいヒト知ってっから!!!」←○ら、大迷惑(笑)








…が。

娘、曰く。






「ローソクより、ガラスがいい」
「……はい?」






「ガラス溶かしたい」
「………は?」








なんですと?





ガラスって、何度で溶けるんだっけ??
もしかして、1200度以上とかそんなじゃなかった??
(注:ガラスの原料の成分によって決まるそうです。純粋なガラスは、溶解温度が非情に高くなるらしい。2000度以上とか)



「そんな温度、おうちでは無理ですっ!」
「火薬とかいっぱい買って来て…」
「家が燃えますっ!」
「うーん」
「つか、基本的に火薬買うの無理だしっ」
「うーん」
「だいたい、そんな温度を計れる温度計がウチにはないしっ!」
「あ、そうか」←やっと納得。




しかし、なかなかガラスの研究はあきらめたくない様子。
どうしたもんかなあと思っていたところに、障害児支援のボランティア活動とかやってる知り合いの大学生から、「○ーちゃん、どうしてますか~。宿題、困っておられたら、お手伝いしましょうか?」とTELが入り。

うわーい、ありがとう!!! 
まさしく救いの神だー(号泣)

実はこれこれこういうのがしたいらしいんだけど、と説明すると、「だったら、ガラス工房に連れてってあげますよ。バーナーワークの体験教室もあるから」

えええ、そんなのあるの!!!



ってなワケで。

即答でお願いしちゃった。えへへへv
まあ、その後のレポート書きがまた大変ですが。(アスペの子が苦手とする分野なのです。明確な"正解"のない曖昧なものは、どうしても苦手)
それでも下の子たちの宿題も見ないといけないハハにとっては、もう本当に大助かり! 




そして、無事作品は出来たそうで。
おかーさんにおみやげーと、自作のガラス作品のストラップをもらいましたvv
おー。なかなかきれいです。
しかし、他にもペンダントトップを2個つくってきたんだけど、私のもらったのだけ、なぜかマーブル模様なんですよ。
どうやったらこうなるの?と聞いたら、色の違う2本の細いガラス棒を合わせて、それをバーナーで溶かしながら混ぜ合わせていくらしいです。(娘の説明だから、ちょっとよくわかんないケド)
ガラスって一度溶けても液体の状態を保つことは難しいらしく、僅かな時間ですぐ固まってしまうらしいので、混ぜ合わせるのって結構むずかしいんじゃないのかなーとか思うのですが。

大学生の子に聞いたら、意外にも娘の方が淡々と冷静にガラスを溶かしていて、付き添いのその子の方が、「あー、○ちゃん、固まってきたから急がないとっ」「あ! 危ないから、こっち向けたら危ないからっ」とか騒ぎ過ぎて、同じグループの奥様方に、「この子は私らが見てたげるから、あんた自分の早よしなさいな」と笑われたそうです。ははは、ごめん(笑)

「そんなわけでデジカメ持ってったけど、写真撮るどころじゃなくてー。二枚しか撮れなくてすみませーん」
それでも一枚は娘が作品作ってるとこが写ってたし、充分充分v 
残り一枚は、その子の親指のアップでしたけども!(よほどテンパってたらしい。大ウケ!(笑))




まあ、そんな感じに、下の子もクレープ作りを一緒にしてもらったり、おでかけつれてってもらったりしながら、人様の情けとやさしさに心打たれつつ、楽しい夏休みは終了したのでした。



今年は特にいっぱい遊んだので、夏休みの終わりが子たちよりも淋しく、物悲しいハハなのでした。
ああ、ずっと夏休みでもよかったのに…。






さてさて、気を取り直して。
また九月は、例年通り多忙です。
プライベートのスケジュールが今からびっしり。

でも、ともかく今は先に原稿です!
来週の久保時オンリーに向けて、新刊頑張ります!
(あ、久保時の既刊・新刊コピー本の通販希望の方、いらっしゃいましたら、topからリンクしておりますメールフォームからご連絡くださいませ)

あ、そうそう。苺さんの「偶然世界」様の久保時本も、新刊既刊ともにお預かりする予定なのです。うわー、楽しみ!!!
久保時好きの方は、ぜひぜひいらしてくださいませ!
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 |
<<いや、だから(笑) | ヒトリゴト | ありがとうございましたv(BlogPet)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ヒトリゴト |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。