スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「Pick-up Voice」
2008-09-05 Fri 10:17
この対談、ルルロロ書く上の指針になっているので(笑)、別枠にしてみましたv
特にルルーシュ→ロロの気持ちって、そうだったんだ!と思ってくれる人が増えたらいいv
(依存とか本当は情があったとかv)




■「Pick-up Voice」

声優さんの兄弟対談が載ってるというので買いましたv
あぁ、待ってたよ、兄弟対談!!! きっとロロが退場するまではないだろうな(二人の関係性が流動的だったので)と思ってたので、もう待ってたよ!!って感じでした~vv
感想というよりは、一部抜粋ですけどもvv 
Fは福山さん(ルルーシュ)Mは水島さん(ロロ)。



F「僕がロロの好きなシーンといえば、『取り付いたよ、兄さん!』かな(笑)」

なんで、よりにもよってそこなんだ!(笑)


F「『取りついてくれ!その後の策はある』って言ったけど、取り付いたら爆破しかないだろー、ロロ~(笑)」
M「ロロは素直に『きっと兄さんにはすごい作戦があるんだ!よーし!』って思ってたんだよ(笑)」
F「そこがたまらなく好きですね」


………ありがとう、兄さん(涙)

「たまらなく好き」って、ちょっとーーっっ!!!!! うれしすぎる…!!!!!!vvv
でも、失敗して舌打ちしたことは忘れないけどっ!
ロロは本当に、がんばったら兄さんがなんとかしてくれるんだ!って信じてたんだよね。




F「ルルーシュはロロに対しても情があるんですよ、ずっとわかっていなかっただけで、ロロとの最後のシーンでやっと気付くことができましたが。気が付かないうちにいろいろ依存していたんですよね。ルルーシュは自分の懐に入れてしまったらもうダメなことに、自分でわかっていないんですよ。ロロに対してはそんなに強い感情を持っていなかったのかもしれないけど、最後、助けられたことで、「コイツ、実は…!」と感情が高まってしまったんでしょうね」


すごく私が知りたかったことが、全部この中で答えてもらってて、すごく感動しました。
最後で気付いたってだけで、ずっと情はあったんだよね。
「気が付かないうちに依存してた」っていうのも、ずっと、そうじゃないかなあ、そうだといいなあと思いながらお話書いてたので、まさにご本人(ほぼご本人だよね、中の人だもん!)にそう教えていただけると本当に、そうだったんだ…と感涙です。

で!!
すみません、「コイツ、実は…!」に続く言葉がめちゃめちゃ気になるんですけども…!
実は、なんなんだ!(笑)

「実は、弟だったのか!」 ←いや、知ってるだろう!
「実は、俺のこと好きだったのか!」 ←いや、それも知ってるだろう!
「実は、俺の運命の相手だったのか!」←………ちょっと、かっ飛びすぎた感が…(汗)

なんだろ、気になるなあ。
何か「これ!」っていうの思いついた方は、ぜひ教えてくださいませvv


そして、水島さん。

M「僕はそんな情に流されやすいルルーシュが好きなんです」
M「僕はルルーシュのそんなダメな部分が好きなんです」

なんかもう…! ロロだ!!!!!!(笑)
ロロって、兄さんっていう存在まるごと大好きで、だからこそ、細かいところは気にならないというか、よく見てないのかなーとも思ったこともあったんですが。
他人の前では必要以上に格好付けなルルが、ロロの前では本当に情けないとこやらかっこ悪いとこをいっぱい見せてきたんですが、ロロはそういうヘタレ兄さんが実は好きだったのかもしれませんv 僕がいてあげなくちゃ、みたいな(笑)
19話の蜃気楼の中のシーンがすごく好きなんですが、俺はもういいんだとか、生きる意味がないとかさんざん弱音吐きまくりなルルーシュがなんだかすごく愛おしかったし、それに対して『ダメだよ、兄さん』って言ってあげるロロも大好きでした。
ロロばかりがルルーシュに依存してるように見えてたけど、実はお互いさまなんじゃん、さすが兄弟vvってすごく感じた。


ロロについて(水島さん)

M「もう可哀そうでしかたがないんです。悪いことしてても何してても、『よくがんばった』と言ってやりたいですね」


ありがと、だいちゅーさん…(号泣)
シャーリーの一件では本当に落ち込まれたらしいので(シャーリーファンだったって)、ロロ嫌われたらどうしよう…って実はすごく心配でした(涙)
愛されててよかった…vvv


他にもいろいろ「そうだったんだ…v」的なお話があって、すごい満足ですvv
声優さん雑誌なので、ちょっと手が出にくい人もいるかも;;
ルルロロルルの方はオススメですvv
通販でぜひぜひゲットしてくださいv(笑)





Pick-Up Voice (ピックアップヴォイス) 2008年 10月号 [雑誌]


音楽専科社

2008-08-28


by [Z]ZAPAnetサーチ2.0


スポンサーサイト
別窓 | 雑記 |
| ヒトリゴト |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。